CLIP STUDIOと液晶タブレット買ったけど使いこなせるのかこれ

Yosihino_Kimiharu 略してYOKIです。デジタルで絵を描いてみようと思います。

予想以上の線画抽出

今回は昔描いてスキャニングしていたこのアナログ絵をクリップスタジオを使って「線画抽出」というものをやってみたいと思います。

前回はこの絵を下書きとして使い、新たに新規レイヤーを上に作ってペンツールのGペンで描きましたが、今回はこの画像の線そのものを使います。

 

f:id:yoshino_kimiharu:20170601220036j:plain

 

線画抽出とは大まかにいうとアナログで描いた絵(主に彩色なしのモノクロ画など)をスキャニングしたりデジカメで撮ったりしてパソコンに取り込んだ映像の線の部分だけを切り取る作業です。

正直どうなんだろう、きちんと線がでるのかな?」と割と線画抽出に関しては懐疑的でしたが意外と簡単にできたので紹介したいと思います。

いろいろ調べて以下のページを参考にさせてもらいました。

clip studioでのアナログ絵の線画抽出について | CLIP STUDIO PAINTのみんなに聞いてみよう | CLIP STUDIO

スキャン画像のクリンナップの仕方 | CLIP STUDIO PAINTのみんなに聞いてみよう | CLIP STUDIO

手順としては

  1. 線画抽出したい画像をクリップスタジオで開く
  2. 画像のレイヤーを選択してレイヤーメニュー →  新規色調補正レイヤー → レベル補正の順で選び、カーソルを調整して白黒のコントラストを強める。(このカーソルの調整は読み込んだ画像によってその都度違ってくると思います)
  3. レベル補正したレイヤーを統合し、レイヤーメニューからレイヤーの変換を選択し表現色をグレーにします。
  4. 編集メニューから「輝度を透明度に変換」を選択します

 

ここまでやるとだいたい線画は抽出されます。

でも細かい点状のゴミなどがところどころにありますから残したい線画部分を選択範囲ツールの「なげなわ選択」でおおまかに選択したのち選択範囲メニュー → 「選択範囲を反転」もしくはショートカットの「Ctrl+Shift+i」で選択範囲を反転させてDeleteまたはBackspaceでいっきに全部消去して、その他の内部の細かい部分は消しゴムツールで消していきます。

f:id:yoshino_kimiharu:20170603004112j:plain

 

最初のアナログ絵を線画抽出してゴミとりしたものがこちらです。

 

f:id:yoshino_kimiharu:20170603005914j:plain

ここまでできればしめたもので、レイヤーから選択範囲を作成して任意の色に塗りつぶしたりできます。

 

f:id:yoshino_kimiharu:20170603010246j:plain

 

ちなみにレイヤー上にある塗りなどの選択範囲を作成する場合、Ctrlキーを押しながらレイヤーのサムネイルをクリックすると簡単に選択範囲が作れます。

f:id:yoshino_kimiharu:20170608004544j:plain

 

 

 

トーンを貼った回の応用で、抽出した線画のレイヤーを複製してガウスぼかしをかけたのちにレイヤープロパティでトーンの効果をつけたものを線画レイヤーの下に配置してみました。

f:id:yoshino_kimiharu:20170608002638j:plain

 

 

次回はこの抽出した線画に色を付けてみたいと思います。

次回

yoshino-kimiharu.hatenablog.com

 

 

完成したもの

yoshino-kimiharu.hatenablog.com