CLIP STUDIOと液晶タブレット買ったけど使いこなせるのかこれ

Yosihino_Kimiharu 略してYOKIです。デジタルで絵を描いてみようと思います。

かわいい女の子が描きたいと思って描いたけど、冷静になって見てみるとかわいくなかったのでもう一度描いた雨の日の夜

yoshino-kimiharu.hatenablog.com

 

 

僕はこの記事で描いた絵をじっと見ていました。

 

f:id:yoshino_kimiharu:20170627203224j:plain

 

 

 

 そして思ったのです。

 

 

f:id:yoshino_kimiharu:20170626004817j:plain

気持ちわるい

 

なんか気持ち悪いです。違和感を感じます。(もちろんモチーフの白石麻衣さんの方ではなく僕の絵のことです)

 

どういうことか自分なりに分析してみました。

  • 線画の段階ではイラストっぽいのに、塗りの段階ではリアルな写真の方を見ながら塗ったため
  • 塗りの知識がないまま、やみくもにつっこんでいったため
  • そのうえ線画は表示せず塗りだけでなんとかしようとしたため
  • 上記のことがないまぜになってどっちつかずの中途半端な仕上がりになっているため
  • どう理屈こねようと、そもそも絵がヘタ。ナマイキ。すっこんどれ。

 

とはいえ、自分の作り出したものは可愛いものです。申し訳なく思います。

 

ごめんよ、可愛く描いてあげられなくて・・・でも最近の僕は液晶タブレットにも慣れてきたし、イラストレーターの窪之内英策さんのかわいい女の子をたくさん模写したから今度はもっとかわいく描いてあげられるかもしれない・・・(こんなこと書いてるお前も十分気持ち悪いけどな)

 

ということでクリップスタジオと液晶タブレットを使って、同じモチーフでもう一度描いてみることにしました。

 

 

描く前にテーマを決めよう

今回のテーマは「すべての線に責任を持つ」ということにしました。

ぐじゃぐじゃっとしたいいかげんな線があると、色をつけるとき迷ってしまうということを今までの制作過程で学びましたので、全部の線に責任をもってしっかり意識を入れて描いていこうと思います。

 

 

線画までできました。しなり度5%アップでかわいいと思います。(自分で言うかね普通)

f:id:yoshino_kimiharu:20170625143756j:plain

次は色を付けたいと思います。

 

 

今回はブラシツールの「濃い水彩ブラシ」と「水彩毛筆」を主に使ってみようと思います。

塗りに関してはいろいろ調べてみたのですがいまいちピンときません。

こうなったら「習うより慣れろ」で、いろいろと使ってみて慣れていくしかないと思いました。

 

正直なところ、何が正解か分からないまま塗ってます。

f:id:yoshino_kimiharu:20170626130934j:plain

 

 

人物と髪を塗りました。

 

f:id:yoshino_kimiharu:20170627203424j:plain

 

 

服の模様を描き足しました。

f:id:yoshino_kimiharu:20170627203505j:plain

 

 

階層の一番上に新規レイヤーを作り、グラデーションツールで適当にグラデーションの塗りつぶしを作ります。

f:id:yoshino_kimiharu:20170627203555j:plain

上記のグラデーションで塗りつぶしたレイヤーをレイヤーの合成モードを「除算」にし、不透明度20%にして全体の色合いを整えて完成です。(合成モードについてはよく分かっていないのですが、いろいろ試してみてこれが一番いい色合いだなと思ったので)

 

f:id:yoshino_kimiharu:20170627210444j:plain

 

前回はよりはかわいくなったかな

 

おまけ

上記のイラストを描き終わってから僕は以前送り出した子がかわいくなってまた帰ってきたような気になり、すがすがしい気持ちになりました。

これで前の作品も少しはむくわれたかな・・・気持ち悪いなんて言ってゴメンネ・・・

 

  

f:id:yoshino_kimiharu:20170627220606j:plain

何この茶番。