CLIP STUDIOと液晶タブレット買ったけど使いこなせるのかこれ

Yosihino_Kimiharu 略してYOKIです。デジタルで絵を描いてみようと思います。

5分間ドローイング100日チャレンジ 44日目 二次元絵編

 5分間ドローイングとはネットで見かけた気になる写真などを(写真をモチーフにするのが飽きたので最近は二次元絵をモチーフに描いてます)

  • 下描きなし
  • 制限時間5分
  • 消しゴム使用禁止

という縛りのもとでクリップスタジオと液晶タブレットを使ってタイマー片手にスケッチしていくものです。

 

その練習法を100日間やってみたらどうなるのか?という実験が「5分間ドローイング100日チャレンジ」です。

 1日3カットくらいを目標に淡々と描いていきたいと思っています。

 

今回はその44日目です。

 

一枚目

f:id:yoshino_kimiharu:20171018164021j:plain

 

 

 

二枚目

f:id:yoshino_kimiharu:20171018164051j:plain

 

 

 

 

三枚目

f:id:yoshino_kimiharu:20171018164109j:plain

バナー広告でよく見かけるソシャゲか何かのキャラクターの女の子です。

一度見かけてからいつか描いてみたいなとは思ってたんですがなかなかその広告に遭遇せず最近やっとバストアップバージョンの広告を見かけることができました。

クリックしてないからどんな内容なのかさっぱりわかりませんけどw

 

 

ご覧いただいてありがとうございました。

デジタルで描いた絵のモチーフをアナログで描いてみる【乃木坂46 白石麻衣スケッチ】

唐突ですが今使っているパソコンにスキャナ繋げたんですよ。

f:id:yoshino_kimiharu:20171013002835j:plain

僕としてはせっかく液晶タブレット買ったんで「最初から最後までデジタルで完結させてもうアナログには戻らないぞ」、なんて思ってたんですが最近ちょっとアナログでやんなきゃいけないことが出てきたんで今は亡き先代のパソコンにつないでいたものをセッティングしました。

 

そしてせっかくスキャナ繋いだんで久しぶりにアナログでなんか描いてみようかなと思い立ったのです。

どうせなら以前デジタルで最初から最後まで仕上げた絵があるのでその時と同じモチーフで描いてみて比較したら面白いかなと思ったので、今度はアナログ(とは言っても鉛筆画のスケッチですが)で描いてみたいと思います。

モチーフにするのは乃木坂46白石麻衣さんです。

 

 

まずはH鉛筆を使って下描き?というかラフから

使う道具は

  • 4B鉛筆
  • H鉛筆
  • 鉛筆削り(頻繁に先をとがらせる必要があるため)
  • 消しゴム三種類

です。

f:id:yoshino_kimiharu:20171012225742j:plain

A4のコピー用紙にラフに描いていきます。

 

最初はH鉛筆を使って大まかにアタリを取っていきます。

f:id:yoshino_kimiharu:20171012230111j:plain

※スキャンして読み込んでも薄すぎて分からないのでクリップスタジオのトーンカーブで明度を変えています。

 

H鉛筆での作業は筆圧はめちゃめちゃ弱めでうすくうすーく描いていきます。

すぐ消しゴムで消せるようにです。

 

これはスケッチなので一発でモチーフの持つ美しさをとらえられるとは到底思わないので何度も観察して描いて確認して納得がいかなければ消してを繰り返します。

ここで筆圧を強くしてしまうと紙の表面に細かい凹凸ができて鉛筆の先が引っかかったりしてうまいこと描けなくなるので注意して描いています。

 

最近は5分間ドローイングばかりやってていつもアタリを取らない一発描きだったので久しぶりにアタリを取って描いたのでちょっと面白かったですね。(鉛筆画のスケッチも一年以上ぶりにやります)

このH鉛筆を使っての作業が最も重要なのでたっぷり時間を取って納得がいくまで何度も描きなおします。

全体のバランスなど確認して納得いけば次の工程に進みます。

 

 だいたいH鉛筆を使っての作業が1時間くらいでした。

4B鉛筆に持ち替えて作業

次に4B鉛筆に持ち替えて作業します。

H鉛筆でだいたいのカタチは取れてますのであとはそれをなぞっていく感じなので比較的楽な気がします。(バランスがどうこう悩むのは前の工程までなので)

髪の毛の質感とかをモチーフを観察しつつしっかりと描き込んでいきます。

場合によっては鉛筆削りを使って先を尖らせたり、別の紙にわざとゴシゴシ描いて先を丸くしたりして描いています。

 

この手の鉛筆画のスケッチをするときは手の油(あぶらしょうってワケではないですが)が紙につかないように鉛筆を持つ手に手袋したり他の紙を敷いてその上に手を置いて描いています。

いつも小指以外の指を全部切り取った軍手をはめて描いています。

それでも描いたところをなるべく触れないように左上から下に向かって描いていきます。(右利きなので)

 

 

途中経過です。

f:id:yoshino_kimiharu:20171012231146j:plain

※この時点で4B鉛筆の作業時間は80分です。20分ごとにタイマーをかけて時間を計測してみました。

 

 

 

なんやかんやで完成

細かいところも一応手を入れて完成とします。

f:id:yoshino_kimiharu:20171012232010j:plain

 

総合的にかかった時間はH鉛筆で1時間、4B鉛筆で2時間と計3時間でした。

 

あと、こういう絵を描いた時、仕上がるのは大体深夜なんですが、その時に完成としてしまわないで一晩寝てあくる日起きてから確認してそれでよければ完成としてます。

描いてる最中は「よし上手く描けたな」と思っても1日おいてからまた見るとなんか変だったりしますんで。

 

 

そして以前デジタルで描いた記事が下記の記事で

yoshino-kimiharu.hatenablog.com

この記事で描いたイラストがこちらです

 

f:id:yoshino_kimiharu:20170812164838j:plain

この時は別の作家さんのテイストをもちこんで描いてみようというテーマのもとに描いてましたからやはりかなり感じが違う気がします。

 

今回は単なるスケッチだったので何も考えないでよかったから楽と言えば楽でしたね。

 

 

簡単なスケッチでしたけど、たまにはアナログで描くのもいいものです。

 

ご覧いただいてありがとうございました。

 

5分間ドローイング100日チャレンジ 43日目 二次元絵編

 5分間ドローイングとはネットで見かけた気になる写真などを(写真をモチーフにするのが飽きたので最近は二次元絵をモチーフに描いてます)

  • 下描きなし
  • 制限時間5分
  • 消しゴム使用禁止

という縛りのもとでクリップスタジオと液晶タブレットを使ってタイマー片手にスケッチしていくものです。

 

その練習法を100日間やってみたらどうなるのか?という実験が「5分間ドローイング100日チャレンジ」です。

 1日3カットくらいを目標に淡々と描いていきたいと思っています。

 

今回はその43日目です。

 

一枚目

f:id:yoshino_kimiharu:20171010222649j:plain

描きながら「頭でけえ」って思いました。まあ、そういうものなんでしょうけど。

 

 

二枚目

f:id:yoshino_kimiharu:20171010222737j:plain

ツインテに対するフェチは・・・  ないです。

ツンデレに対するフェチは・・・  ないです。

 

 

 

 

三枚目

f:id:yoshino_kimiharu:20171010222820j:plain

描きなれた人ならアタリとかとらず下描きもせずパパっとうまいこと描けるんでしょうけどねえ・・・

 

 

ご覧いただいてありがとうございました。

5分間ドローイング100日チャレンジ 42日目 二次元絵編

 5分間ドローイングとはネットで見かけた気になる写真などを(写真をモチーフにするのが飽きたので最近は二次元絵をモチーフに描いてます)

  • 下描きなし
  • 制限時間5分
  • 消しゴム使用禁止

という縛りのもとでクリップスタジオと液晶タブレットを使ってタイマー片手にスケッチしていくものです。

 

その練習法を100日間やってみたらどうなるのか?という実験が「5分間ドローイング100日チャレンジ」です。

 1日3カットくらいを目標に淡々と描いていきたいと思っています。

 

今回はその42日目です。

 

一枚目

f:id:yoshino_kimiharu:20171010212637j:plain

正面は苦手です

 

 

 

二枚目

f:id:yoshino_kimiharu:20171010212718j:plain

いちいちじっくり見ているとすぐ時間切れになりますねえ・・・

 

 

三枚目

f:id:yoshino_kimiharu:20171010212747j:plain

これは酷い・・・正面絵は鬼門です。

 

 

ご覧いただいてありがとうございました。

【閲覧注意】サイコパスな兵器

先日うんこ漢字ドリルの記事を書いてブックマークのコメントで様々なリアクションをいただきました。

ありがとうございます。

yoshino-kimiharu.hatenablog.com

 

f:id:yoshino_kimiharu:20171012173004j:plain

 

そんななかひときわ異彩を放つコメントがあり、僕はそれがどうしても気になってしかたありません。

 

うんこ漢字ドリルの破壊力がスゴすぎて大人なのに漢字ドリル買ってしまった件 - CLIP STUDIOと液晶タブレット買ったけど使いこなせるのかこれ

うんこドリルおもしろすぎる。サイコパスだ~

2017/10/10 20:07

b.hatena.ne.jp

 

火男丸 (id:fevernights)さん・・・

 

分かってます。

ついうっかり「うんこ」と「ドリル」のあいだに入る「漢字」を入れ忘れたんですよね?

よくあることです。

悪気なんて無いってことは重々承知しています。

 

でもですね・・・

 

うんこドリル。

 

よく考えたらちょっと強力過ぎませんかね・・・

 

よくあるデフォルメされたうんこのカタチとドリルのカタチがあながち似てなくもないので余計に始末に負えません。

 

f:id:yoshino_kimiharu:20171012173810j:plain

このコメントを読んでからひとしきり爆笑した後、僕の脳内から「うんこ漢字ドリル」はふっとんで「うんこドリル」でいっぱいになりました。

 

開けても暮れても考えるのはうんこドリルのことばかり・・・

 

 

f:id:yoshino_kimiharu:20171012181232j:plain

 

たしかに火男丸 (id:fevernights)さんの仰るとおり、うんこドリルはおもしろすぎるし、サイコパスです。(決して責めてるわけではないですよ。それどころか最高にエキセントリックで面白いコメントありがとうございます)

 

そんなサイコパスな兵器のことをずっと考えてしまいましたので記事にするかどうか迷いましたけどこうしてアウトプットすることで心の平安を取り戻そうと思いこの記事を書くことにしました。

 

 

お食事中の方がいらしたら大変申し訳ありませんでした。

 

 

うんこ漢字ドリルの破壊力がスゴすぎて大人なのに漢字ドリル買ってしまった件

本屋に行った時のことです。

あてもなく店内をぶらぶらしていると結構なインパクトのあるポスターが目に飛び込んできました。

f:id:yoshino_kimiharu:20170924145311j:plain

「うんこ漢字ドリルあります」

 

すげえな。

f:id:yoshino_kimiharu:20171010015519j:plain

 

率直な感想でした。

そんな「冷やし中華始めました」的な感じで「うんこ漢字ドリル」ほりこんでくるとは。

 

いや、そもそも「うんこ漢字ドリル」って何よ。

っていう話です。

 

多くの大人たち、特にPTAや教育関係に携わる良識ぶった大人たちがこぞって眉をひそめ、多くの子供たちが高確率で爆笑してしまう「うんこ

 

f:id:yoshino_kimiharu:20171009220319j:plain

 

 

対して、

 

 

多くの子供たちがそのフレーズを聞いただけで「はきけ・めまい・じんましん」などの拒否反応をしめし、子を持つ多くの大人たちがこれさえやらせとけば間違いないと馬鹿に効く妙薬のような認識の「漢字ドリル

 

f:id:yoshino_kimiharu:20171009221019j:plain

 

 

決して相容れないであろう両者が融合した、まるで奇跡の邂逅ような産物に僕の心は一瞬にしてざわつきました。

 

 

 

すげえな。

f:id:yoshino_kimiharu:20171010015635j:plain

 

改めてそう思いました。

 

はやる気持ちを抑えつつ、お店としてもイチオシなのでしょう.。平積みにしてあるうんこ漢字ドリルを手に取ってめくってみました。

 

いい大人なのに。

 

そこには「予想はしてたけど予想以上だった」というなんとも形容し難いものがあったのです。

うんこ漢字ドリルは他の漢字ドリルと同様に漢字の「読み」と「書き」を例文の空欄に埋めていくものでそのすべてにうんこが絡んでいるのですが、その例文が強力過ぎました。

 

うんこ漢字ドリルに登場している人物は控え目に言って全員サイコパスです。

 

ここでうんこ漢字ドリルの一部を紹介します。

 

 

f:id:yoshino_kimiharu:20171010180135j:plain

<例題・訪>

  1. 高級うんこをもって恩師の家を訪ねる。
  2. 家庭訪問に来た先生といっしょにうんこをした。
  3. 京都を探訪して古い時代のうんこを知る。

 

 

 

f:id:yoshino_kimiharu:20171010180440j:plain

 <例題・穀>

  1. 穀倉地帯で作られたものを食べてうんこをしよう。
  2. 穀物と間違えてうんこを持ってきてしまった。
  3. 脱穀機にうんこを入れてごめんなさい。

 

僕は本屋で一人、漢字ドリルを見ながら笑いをこらえるのに必死でした。

これまで生きてきて漢字ドリルを読んで笑いをこらえるなんて状況がやってくるとは思ってもみませんでした。

「これ以上はヤバイ」と直感した僕は思わずその漢字ドリル(6年生用)を抱えてレジへと向かい、あくまでも「あ、これ子供に買ってあげるんですよ~(独身のクセに)自分用じゃないですよ~」と声には出しませんでしたけどそういう顔つきでお金を払って本屋を後にしたのです。

 

そして別の日に別の本屋に行った時のことです。(あてもなく本屋に行くのが好きなのです)

そこではうんこ漢字ドリルのキャンペーンとして、子供たちが実際にうんこを絡めた例文を作成して、それを壁に張り出していました。

 

f:id:yoshino_kimiharu:20171010182311j:plain

 

僕がその中で特に心をうたれたのが

 

優しくうんこを流した。

 

という一文です。

何て言うんでしょうかどこか詩的というかポエトリーな感じすらするではありませんか。

子供の感性ってスゴいですね。

 

小学生のお子様をお持ちの父兄の皆さま。

うんこ漢字ドリルいかがでしょうか?

きっと楽しくお勉強できること請け合いです。

それどころかお子様がうんこ漢字ドリルにハマりすぎて

もっとうんこないの?もっとうんこちょうだい!なんて他人が聞いたらぎょっとするようなことまでのたまうようになるかもしれません。

 

ご購入の際は用法用量を守って正しくお使いくださいませ。(1年生用から6年生用まであるみたいです)

 

 

 

 

読んでくださってありがとうございました。

5分間ドローイング100日チャレンジ 41日目 二次元絵編

 5分間ドローイングとはネットで見かけた気になる写真などを(写真をモチーフにするのが飽きたので最近は二次元絵をモチーフに描いてます)

  • 下描きなし
  • 制限時間5分
  • 消しゴム使用禁止

という縛りのもとでクリップスタジオと液晶タブレットを使ってタイマー片手にスケッチしていくものです。

 

その練習法を100日間やってみたらどうなるのか?という実験が「5分間ドローイング100日チャレンジ」です。

 1日3カットくらいを目標に淡々と描いていきたいと思っています。

 

今回はその41日目です。

 

一枚目

f:id:yoshino_kimiharu:20171009175146j:plain

メガネに対するフェチは・・・あります!

 

 

二枚目

f:id:yoshino_kimiharu:20171009175242j:plain

最近ベレー帽って流行っているんですかね。街でよく見かけます。

 

 

三枚目

f:id:yoshino_kimiharu:20171009175438j:plain

完全にバランスを見誤った失敗例です・・・

 

 

今回メガネっ子特集にしてみましたw 

 

ご覧いただいてありがとうございました。